取扱製品一覧

レーザー・光源

光検出器・測定器・分光器

光学デバイス

レーザー部品 / 光学部品

PLUTO Phase Only 空間光変調器(反射型)

PLUTO Phase Only Spatial Light Modulator (Reflective)

PLUTO 製品概要

PLUTO Phase only 空間光変調器(SLM)は、標準的なデジタルビデオインタフェース(DVIまたはHDMI)とPhase only LCOS(Liquid Crystal on Silicon)マイクロディスプレイで構成されています、ディスプレイ仕様はフルHD解像度(1920×1080ピクセル)、ピクセルピッチ(8.0μm)、アクティブエリア(0.7″ Diagonal、アスペクト比 16:9)になります。


PLUTO空間光変調器 - マイクロディスプレイの特長
ディスプレイタイプ: 反射型LCOS(Phase Only)
解像度: 1920 x 1080
ピクセルピッチ: 8.0μm
フィルファクター: 87 % / 93 % (dependent on version)
アクティブエリア: 15.36 x 8.64 mm (0.7″ Diagonal)
アドレス: 8ビット(256グレイレベル)
シグナルフォーマット: DVI - HDTV Resolution
フレームレート: 60 Hz

また、プラグ&プレイの位相変調器であり、標準的なグラフィックスカードを介することで、拡張モニターデバイスのように位相関数でアドレス指定することができます。ビデオ信号の緑のカラーチャンネルは、8ビットの諧調パターン(SLM本来の解像度にはアドレス指定する必要があります)をアドレス指定するために使用されます。アドレス指定は「付属のアプリケーションソフトウェア」か標準的な画像ビューアソフトウェアを使用して行うことができます。


HOLOEYEではPLUTOドライバユニットで駆動することができる数種類のディスプレイを提供しています。それぞれのディスプレイは波長範囲ごとにに最適化されています。全てのディスプレイは高い信頼性を確保するために高速なフルデジタルアドレスが使用されています。


アプリケーションとしては、位相変調、ホログラフィ、リソグラフィ、光計測、干渉、光ピンセット、波面補正シフトなどがございます。ディスプレイの高いフィルファクターは、高い光効率を保証します。

光学的特徴
反射型LCOSディスプレイ Phase Only Modulation
2 π 位相変調 〜1550nm ピクセルピッチ 8μm

PLUTO-VIS-020 カタログ(PDF 279KB)

PLUTO-NIRO-023 カタログ(PDF 278KB)

SLM 総合カタログ(PDF 350KB)

SLM 総合カタログ日本語版(PDF 1.82MB)


PLUTOのディスプレイは約60%〜75%の反射率 (dependent on version)、80%以上の回折効率になります。これによりアドレス可能な回折素子あたりのトータルの光利用効率は50%以上になります。


PLUTO ディスプレイラインアップ

スタンダードなPLUTO-VISとPLUTO-NIRバージョンのほかに特別なハイリターデイションを利用可能なHRバージョンがございます。これはスタンダードディスプレイに比べてかなり高い位相差を示し、より安定したアドレッシングを可能にします。またこれはより高いスロープをを可能にしますので、波面機能のために有益であり得ます、さらにMOD2πエンコーディングに比べアドレス指定された関数内の遷移点を減らすことができます。


デジタル的にアドレス指定されたデバイス用のパルスコード変調はわずかに重ね合わせられた位相ちらつきをもたらします。いくつかのアプリケーションには安定した位相応答が要求されます。しかし、これは、応答時間を犠牲にすることによって、2π位相遅れでの低電圧設定でハイリターデーションパネルを駆動すれば達成することができます。

デバイスナンバー 波長範囲 フィルファクター
PLUTO-VIS-014 420 - 650 nm 93 %
PLUTO-VIS-016 420 - 650 nm 93 % High Retardation Version
PLUTO-VIS-020 530 - 6500 nm 93 %
PLUTO-NIR-011 420 - 1100 nm 93 %
PLUTO-NIR-015 650 - 1100 nm 63 % High Retardation Version
PLUTO-NIR-002 1000 - 1100 nm 87 %
PLUTO-NIR-023 1000 - 1400 nm 93 %
PLUTO-TELCO-013 1400 - 1700 nm 93 %

PLUTO-VIS-014

Part no. HES-6010-VIS-014-C
波長範囲 420 - 650 nm
フィルファクター 93 %
反射率 65 %
波長 最大位相変調量 平均反射率
452 nm 4.8 π 65 %
532 nm 3.9 π 65 %
650 nm 2.9 π 65 %

PLUTO-VIS-014は、420nm〜650nmの間で使用することができます。
また、この範囲において0.5%以下のARコーティングを備えています。650nmまでの位相変調量は2π以上になります。


PLUTO-VIS-016 - HR Version

Part no. HES-6010-VIS-016-C
波長範囲 420 - 650 nm
フィルファクター 93 %
反射率 65 %
波長 最大位相変調量 平均反射率
452 nm 9.0 π 65 %
532 nm 6.7 π 65 %
633 nm 5.4 π 65 %

PLUTO-VIS-016は、420nm〜650nmの間で使用でき、0.5%以下のARコーティングを備えています。ハイリターデション液晶材料を使用し、位相変調量〜6π(dependent on wavelength)を提供します。
特定波長において2π位相シフトに適応するガンマ曲線を用いれば、このバージョンはかなりの位相ゆらぎを低減して使用することができます。


PLUTO-VIS-020

Part no. HES-6010-VIS-020-C
波長範囲 530 - 640 nm
フィルファクター 93 %
反射率 75 %
波長 最大位相変調量 平均反射率
532 nm 8.2 π 75 %
633 nm 6.3 π 75 %

PLUTO-VIS-020は、可視光用ARコーティングを施しており、他のPLUTOに比べて530nm〜640nm間で高い反射率を備えております。(例;R80% @ 600nm)また位相ゆらぎも低減されるため532nmにおいて8πの位相シフトを可能にしております。


PLUTO-NIR-011

Part no. HES-6010-NIR-011-C
波長範囲 420 - 1100 nm
フィルファクター 93 %
反射率 63 - 75 %
波長 最大位相変調量 平均反射率
452 nm 5.5 π 66 %
532 nm 4.5 π 67 %
633 nm 3.6 π 67 %
780 nm 3.0 π 67 %
850 nm 2.6 π 63 %
1064 nm 2.0 π 75 %

PLUTO-NIR-011は、420nm〜1064nmの間で最小2πの位相変調を可能とします。
このディスプレイは広帯域のARコーティングを備えます。可視光帯域のみを必要とされる場合はARコーティングおよび応答時間などの可視域で優れているVISバージョンをお使いください。


PLUTO-NIR-015 - HR Version

Part no. HES-6010-NIR-015-C
波長範囲 650 - 1100 nm
フィルファクター 93 %
反射率 65 - 73 %
波長 最大位相変調量 平均反射率
650 nm 6.2 π 68 %
780 nm 5.0 π 65 %
850 nm 4.4 π 64 %
1064 nm 3.7 π 73 %

PLUTO-NIR-015は、650nm〜1064nm間で使用でき、ARコーティングが成されています。
ハイリターデション液晶材料を使用し、MOD4πあるいはMOD6π位相関数(dependent on wavelength)を有効にする高い位相シフトを提供します。また、2π位相シフトに適応するガンマ曲線を用いれば、このバージョンもかなりの位相ゆらぎを低減して使用することができます。


PLUTO-NIR-002

Part no. HES-6010-NIR-002-A
波長範囲 1000 - 1100 nm
フィルファクター 87 %
反射率 62 %
波長 最大位相変調量 平均反射率
1064 nm 2.0 π 62 %

PLUTO-NIR-002は、1064nm用に最適化され、ARコートされています。 1064nmにおいて2π位相変調を保証します。


PLUTO-NIRO-023

Part no. HES-6010-NIRO-023-C
波長範囲 1000 - 1400 nm
フィルファクター 93 %
反射率 74 %
波長 最大位相変調量 平均反射率
1300 nm 4.1 π 74 %

PLUTO-NIRO-023は、1100nm〜1400nm間に使用に最適で、<0.2%のARコートが施されています。 〜1400nmにおいて2π位相変調を保証します。


PLUTO-TELCO-013

Part no. HES-6010-TELCO-013-C
波長範囲 1400 - 1700 nm
フィルファクター 93 %
反射率 80 %
波長 最大位相変調量 平均反射率
1400 nm 3.8 π 80 %
1550 nm 3.5 π 80 %
1625 nm 3.4 π 80 %
1700 nm 3.3 π 80 %

PLUTO-TELCO-013は、1400〜1700nmの間で使用でき、<0.5%のARコーティングを保証します。〜1700nmにおいて2π位相変調を可能にします。


PLUTO空間光変調器 キット内容

PLUTO SLMドライバボックス
Phase only ディスプレイ
(フレックスケーブル付)
DVIケーブル & DVI/HDMIアダプタ
シリアルポートケーブル(RS232)
電源(5V DC、3A)
ディスプレイ用マウント
デバイス用マウント
取扱説明書
CDまたはUSBフラッシュドライブ:
マニュアル、
ユーザーソフトウェア、
アプリケーションソフトウェア、
PLUTOソフトウェアパッケージ



PLUTO位相変調器 - ソフトウェア特徴

PLUTO phase only 変調器は、標準的なグラフィックカードにありますDVI・HDMIインターフェイスを使用することによって、いわゆる外部モニターのように使用することができます。SLMを操作するために追加のソフトウェアや専用ハードウェアは必要ではありません。

デバイスには、GUI(Graphical User Interface)ベースのキャリブレーションソフトウェアが同梱されています。キャリブレーションソフトウェアでは、ジオメトリカル設定、ブライトネス、コントラストの変更のほかに、新規ガンマ曲線もしくは他のデジタル駆動方式を適用することによって、電気光学応答を変更することができます。これらの高度な校正には、RS232インターフェイスをコンピュータのCOMポート経由で接続する必要があります(USB/COM変換アダプタも使用可能です)。


加えてHOLOEYE SLMパターン・ジェネレータソフトウェアも同封されております。
主な機能は以下のとおりです。

SLMパターン・ジェネレータソフトウェア

・ ユーザー定義の画像による計算機合成ホログラム (CGH)
・ 基本的な光学機能を表すSLM信号の生成(レンズ、回折格子、アキシコン、ボルテックスなど)
・ 基本的な光学的機能の結合、CGHの重ね合わせ

さらにLabVIEWユーザのために強化された光学的機能のアドレッシング用LabVIEW SubViも含まれています。

PLUTO ソフトウェア特徴
SLM
コンフィギュレーション
マネージャーソフトウェア
明るさ/コントラスト
ジオメトリ/ガンマコントロール
SLMパターン
ジェネレータソフトウェア
基本的DOEコンピュテーション、
光学的機能生成(円形絞り、フレネルゾーンレンズ、アキシコン、
シングル・ダブルスリット...)、グレーティング(鋸歯状溝・正弦波状溝)、関数重ね合わせ(プリズム、ゼルニケ多項式...)
SLMスライドショー
プレイヤー
ユーザー定義による計算された機能や画像のスライドショー再生
Labview SubVi 強化された光学的機能のアドレッシング用LabVIEW SubVi
ユーザー定義のLabviewプログラムによる実装
(例;クローズドループアプリケーション)

ドライバ外形寸法(単位:mm)


デイスプレイ外形寸法(単位:mm)


SLM 総合ページはこちら


↑ページのトップへ戻る↑